ちょっとコラム

”みんなの森”という場所

投稿日:

 

森にはいろんな生き物がいる。そして、いろんな生活をしている。
いろんな動物や植物がいる。そして、妖精もいる。
この森は、木、コンクリート、布、鉄で出来ている。
不思議な森だ。

足を踏み入れた途端に感じる、木の香り。
わん曲した天井、天井がつながっている一室の空間。
椅子、机、が曲線で構成されたパーツの集合体で、
この森は、ユーモアーで溢れている。

そこに集う人もまた、”みんなの森”を構成している重要な一員。
働く人、本を読む人、くつろぐ人、瞑想する人などなど

人の存在を得てはじめて意味を成す建築は、素晴らしい!!!
人不在の空っぽの空間芸術として完成する家とは違って。

建物はあくまで脇役。
主役は人。

森は建物であり、生き物を包む存在である。
精霊たちがそこに宿り、営みを得てはじめて森になる。

におい、光と影、緑、声、があるから森になる。

建物は森の精霊たちで彩られ、木々の間から差し込む光を象徴しているかのような
光井戸がいくつかあり、その点在するサークル一つ一つがテーマを持ち
お互いがゆるくつながりあっている。
ゆりかごから墓場まで。
それは、入口と出口のメタファーなのでしょうか
この建築家の特徴ですね。

森は、生み出す場所、育む場所そして土にかえる場所。
素敵な場所です。

これは2016年に書いたものです。
2018年現在もこの建物はいろいろな面で話題になっていますが
これが、魅力的な場所には変わりありません。
こんな素敵な居場所がつくれたら良いなあ〜。

-ちょっとコラム
-,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2018 AllRights Reserved.