ちょっとコラム

見学会のおさそい

投稿日:2017年7月29日 更新日:

いがみ建築工房のいがみです。

見学会の場では、
「この家は、私好みです!」って多くの方に言われます。
社交辞令もあるでしょうが、好き〜と言われると単純にうれしいものですね。
それが、本心なら本当に嬉しいです。

私はあなたに嫌われたくないので、押し売りはしたくありません。絶対に。
しかし、いがみの家を好きと言っていただける方には、
押し売りしたい気持ちでいっぱいです。それが、本音です。
ここまで言うのには理由があります。

それは、私は見ているからなのです。
現場で作業する職人さんたちのことを。
腕のいい、そして気持ちのいい職人さんたちが、気持ちを込めた
丁寧な仕事をしている姿を傍で見ているのです。
しかし、
家が完成してしまうと、それがわからなくなります。
唯一残された手がかりは、職人さんの仕事の跡だけです。
その手の跡から、時間をさかのぼり、職人さんの仕事に思いを馳せてみてください。
また、家が一味違ってみえますよ。

当たり前の家づくりを突き詰めると、手間と時間がかかります。
その手間を惜しまないことは、今となっては、とっても大変なのです。
楽をすればいくらでもできる。これは住宅の職人の世界でも例外ではありません。

そんな中、あえて手間のかかる材料と格闘する職人たちの姿を見るたびに
この姿を、これから家を建てる方にぜひとも伝えたいなあ。といつも思います。

私は、こんな手間のかかる家づくりを始めて、気づいたことがあります。
1、つくり手が苦しむほどに、住まい手にとっては、心地いい家になる。
2、つくり手が手間をかけるほどに、つくり手の想いが入り込み、つくり手の愛着が増すのです。
言葉を飾る必要もなく、ありのままに言います。私はつくっている家が好きなのです。
家をつくりながら、その先にいるお施主さんの顔を見ているのです。
お施主さんのことが、おうち同様にどんどん好きなるのです。
私は職人ではありません。でも、ぞうきん片手に床を拭き上げたり、
ほうきでそうじをすることしかできなくても、どんどんと愛着は増していきます。
手をかければかけるほど、家に愛着がわく気持ちは職人だけではないのです。
みんなが自分のできることを通して、自分の気持ちを込めています。

まだまだ話は続きます。。。。。。。

この話の続きはぜひとも見学会会場で。
あなたの五感と心で感じてみてください。
予約お持ちいたしております。            いがみ建築工房
                            いがみ ひとし

-ちょっとコラム

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2017 AllRights Reserved.