ちょっとコラム

プロの仕事をみました

投稿日:

私もこんな仕事がしたい。

随分と前ですが、
映画って本当に素敵だなあ〜と思える映画に出会いました。
「カメラを止めるな」

 

映画好きがつくる映画は、見ていて気持ちがいいですね。
この監督は本当に映画が好きなんだなあ〜と伝わってきます。
映画を大切にしているのがよくわかります。

 

ものづくりをしている私にとって、はっとさせられます。

 

この人は、自分の仕事が好きなんだなあ〜。と
私がこの映画で感じたことは、そのままお客さんが私に感じること、そのものです。
私がお客さんの立場なら、そんな人に家を建ててもらいたいものです。

 

 

映画の中で、監督は悩みます。
いくら監督とはいえ、無名の監督は、自分の思い描くように映画を撮ることは難しいようです。
スポンサーからの圧力、観客動員数が映画の良し悪しを決めるという評価
役者との力関係などなど。。。。。

 

住宅業界でも同じです。
無名の工務店が、こだわりをもって家づくりをすることは、至難の技です。
無名の工務店が、自社のこだわりを言葉にするなんて、勇気が必要です。
なぜならば、嫌われる勇気が必要ですから。

 

この映画を見て、私が感じたこと。
”この監督は、映画を愛している。”
好きだから、大切大切に考え、何度も何度も練られ、丁寧に丁寧に作られている。
でも、きっと監督はこういうでしょう。”好きだからやっているだけのことです”と。

 

私は、そう感じるのです。
本当のところは、違っていてもどうでもいいのです。
受け手の私がそう感じたので、それでいいのです。
つまり、受け手にそんな気分にさせるだけの仕事を、今の私ができているのか。
の方が私にとって、重要な問題なのです。

 

パフォーマンスなんかではなく、そんな心が伝わったら最高です。

 

私もそんな仕事をしたいと、思わせてもらえた素敵な映画でした。

-ちょっとコラム
-, ,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2019 AllRights Reserved.