ちょっとコラム

見学会のおさそい (1)

投稿日:2017年7月4日 更新日:

先日の犬山の見学会にて、数人の方からこんな言葉をいただきました。

「この家は私好みです!」って。

好きって言われると単純にうれしいものですね。

でも、反対もあります。

好みじゃないなあ〜。が伝わってくる時もあります。

でも私ははっきり言ってもらった方が、ありがたいです。

残念だけどありがたいです。

直接口に出して言う方は、なかなかいませんが、

伝わるものです。

だから、私ははっきりと言ってほしいですね。

好きか嫌いかを。

 

特に第一印象が肝心です。

なかなか忘れることはできません。良いことも悪いことも

だから、建築会社はお客様に嫌われないように、嫌われないように、

お客様を神様に仕立てるのです。

 

しかし、そんな言葉にのせられてはいけません。

言葉よりも伝わるものを感じてください。

言葉には騙されますが、感じることは騙されません。

なんかおかしい〜。は確かになんかおかしいのです。

なんか変〜。は確かに何か変なのです。

なので

なんかいい〜。も確かになんかいいのです。

 

その”なんか”は理屈ではありません。

家の説明を聞いたから、その家が好きになるのではありません。

好きになるのに理屈は必要ありません。

 

 

家を見学するコツは

体で感じることに、意識を集中することです。

毎日暮らす家を選ぶのですから、体がいいって感じてくれないと。

だから、体に聞いてあげてください。

どう、苦しくない?って。

 

本当に体にいい環境は、何も感じません。

”何も感じない”という環境をつくることがどれほど大変なことか。

私は、体に毒のない家をつくり続けて

はじめて知りました。

 

これもあります。これもついています。これもあれも。。。。。

ついているものの数で住宅の価値が決められる現代にあって

”何も感じない”ことが売りだなんて、

逆行していますね。

なんか変〜?(笑)ですね。

 

我々と職人さん、そしてお客さまのいっぱいの想いと愛着が詰め込まれた、小さなおうちです。

私と

この家を感じながら、おうちの話をしてみませんか!

楽しいこと、未来のことを。

-ちょっとコラム

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2018 AllRights Reserved.