イベント情報 新着情報 見学会情報

月見台のある小さなおうち|見学会は5月19ー20日の週末です。

投稿日:2018年5月8日 更新日:


1、車通りの多い道路に面しているという敷地条件。

  • 騒音対策について、あえて寝室の南には窓を設けてなく、セルロースファイバー断熱材をたっぷり入れた壁で、騒音対策をしました。クローゼットを設けることにより、さらに音の侵入を防ごうとしました。
  • 通行人の目線を遮る工夫として、窓の位置を考えました。大きな窓とプライバシーの確保は相反する問題です。大きな窓で、光をいっぱい取り組むことは、つまりは通行人に目線の餌食になることを意味します。
    このお家では、プライバシーを最大限確保しつつ、光と風を取り込むことができる大きな窓を計画しました。それは、建物の配置計画と、お庭の工事が重要なポイントなのです。
  • 外観デザインにつきましても同様に考えました。スーパーや、飲食店、物販店などのお店が多い場所がら、多くの通行人の目線にさらされます。
    かっこ悪い家はつくれません。デザインにこだわりました。
    素材選びと色選び、材質選びと窓のデザインにもこだわりました。
    素材選びは性能だけでなく、デザイン的な要素も考えました。

2、道路から玄関までの長いアプローチ。

お客さんが、道路から玄関までに至るアプローチにこだわりました。
自慢の庭を眺めながら、細長い“こみち”のようなアプローチは、お家の格をあげてくれます。

3、細かく分散した収納スペース。

多趣味なご夫婦の多彩なコレクションを飾るスペースを充実しました。大きな収納部屋よりも、細かな収納を適材適所にちりばめました。
玄関収納も、収納するものに合わせて作り込みました。1階は外部収納、寝室クローゼット、廊下の収納、パントリー。2階はフリースペースの本棚、個室の物入れ、ロフト収納と、あらゆる収納スペースがあります。

4、月見台は暮らしを楽しく、そして豊かにしてくれるもの。


なくてもいいけれど、あったらもっと楽しくなるもの、そんな一見無駄なものがあります。それは、月見台です。
季節のいい時、友達がきた時、お月見、気候が良くて外の方が気持ちがいい時などで、外で食事したり、お酒を飲んだり、本を読んだり、音楽をきいたり。。。。。。。
どんな使い方をするかは、あなた次第。楽しい無駄なスペース、しかし、暮らしを豊かにしてくれるスペースもあります。

5、現在はご夫婦2人から新居のスタートです。

将来の使い方は、暮らしながら変えていけるように、2階はフリースペースと1つの個室にしました。その個室は、客間にしてもいいし、寝室にしてもいいし、使い方はいろいろあります。


見学会のご予約は今すぐこちらから。

-イベント情報, 新着情報, 見学会情報

Copyright© いがみ建築工房からのお知らせ , 2018 AllRights Reserved.