ちょっとコラム

静かな場で、瞑想。

投稿日:

GWの真っ只中、私は瞑想に行ってきました。

一週間。

 

完全に外部との情報遮断した一週間。
関東の森の中、私は、研修所(独房)で一人瞑想に明け暮れました。
令和元年のお祝いの花火の音が聞こえています。

 

静かな環境がそこには用意されています。
そして、一日16時間、瞑想が続きます。

 

 

コミュニケーション方法が多様化し、会話から文字へ
文字から絵に変換されていきます。
どんどん容易になります。便利になります。頭を使わなくてもよくなります。
楽になり、鈍くなります。

 

携帯電話が日常になり、情報の伝達速度が早まるに連れ
地球の回転も早まったかの如く、1日のスピードや
一年のスピードが速くなったような感じすら覚えます。

 

膨大な情報量の処理に目を丸くしながら、対応に明け暮れ、
またそれらが流れる速度の速さと、時代の流れに遅れまいと必死になっている間に
止まって、静かに考えることを、怠けていました。

 

人々の関心もうつり気で、新しいものはすぐに古くなる。

 

そんな環境で、家づくりをしています。
流行りで家をつくると、すぐに古くなります。
味わいの残らない、古びたものは、ゴミになります。
違った意味で、ごみ屋敷です。

 

人間らしく暮らす為に、環境を整えることは大切なことだと思います。
森の中での体験は、
ものを考える為には、相応の場をつくらなければいけないと私に教えてくれました。
人間は環境の生き物だから。

 

静かにしていると、些細なことに気づきます。
携帯電話の着信音でかき消された、日常での自然の音です。
携帯電話ができる遥か昔から、人間が聞いていた自然の音です。

 

便利になりました。楽にもなりました。
得たものの偉大さと同時に、無くしたものの大きさにも気づかなければと、思います。
”静かな場”は私に、何かを気づかせてくれました。

 

それは、
自分の机の周りをかたずけなさいと(笑)

-ちょっとコラム
-, , ,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2019 AllRights Reserved.