ちょっとコラム

ものづくりの醍醐味

投稿日:

只今は、岐阜市と大垣市で、お庭の工事をしています。

体を動かしています。
若い頃に、一通りやってきたおかげです。
手を動かした、経験がなければ、できなかったことばかりです。

 

重機を運転して土をかいたり、
鉄筋を組んで、型枠を入れてコンクリートを打設したり。。。。。。

 

知識を体で覚えてきました、そのおかげです。
若い頃にやってきて良かったなあ〜とつくづく思います。

 

小学校の頃から、お手伝いで、いろいろな作業をしてきました。
というのも、昔の工務店(うちだけかもしれませんが)はなんでもやりました。
基礎工事から始まり、土壁の竹を編んだり、土を運んだり、浄化槽を入れたり
丸太足場を組んだり。。。。。。

 

それが分業化が進み、どんどんと細分化され、
工務店は、外注工事の監理業務が主な仕事になりました。
それにつれて、私の作業服が汚れなくなりました。
つまり、工務店のスタッフが実際に自分の手を使い作業をしたり、泥だらけになって作業することが
だんだんと少なくなってきたのです。

 

最近つくづく思うのです。
せっかくの手づくりなのだから、できる限り、手でつくりたいと思うようになりました。

 

住む人に愛着を持って使ってもらうためには、つくり手のそれ相応の何かがないといけないと思うのです。
その”何か”をしているつもりです。

 

私ができることは、自分の手や足や目や頭を使う事ぐらいしかできません。
実際に現場に行って、作業して、感じて、気持ちを注入するしかできません。

 

できることしかできませんが、”できることをする”ことを、私は大切にしています。
さらに、庭づくりは、楽しいので好きです。

-ちょっとコラム
-,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2019 AllRights Reserved.