ちょっとコラム

たまには仕事をやっているぞー、アピール。

投稿日:2017年7月7日 更新日:

今日は、ヘトヘトになりました。
現場に材料を運び入れ、屋根掃除をして、大工さんと現場の打ち合わせ。
ぞうきん片手に現場を駆け回っていました。
最近”なまかわ”をし、楽をしていましたので、
今日は、スタッフと一緒に汗を流しました。

 

思うように体は動いてくれませんが、
爽快な一日でした。

 

おひさまを背中で受けながら、汗だくになりながら
泥んこ作業は、私の性にあっているのでしょうね。
昔は嫌だった作業も、今はちょっと違います。
仕事の中から、”楽しさ”を感じる時があるのです。
そういう意味では
歳をとるのもまんざらでもありません。
そして、その時思うのです。
いい仕事についているなあ〜。と。

 

こんなに楽しい家づくり。
本当はお客さんもやりたいでしょうに。
お客さんのかわりにやらせてもらえて
なおかつ、私が楽しくなる。
なんていい仕事なのでしょう!

 

話はかわりまして、
本日は天気も良く、日差しの強い外は暑かったですが、
家の中は、涼しい風が駆け抜けていきます。
前と後ろの田んぼに、はられた水が、涼しい風をつくり、
私の目を休めてくれ、そして家の中ではとっても過ごしやすい午前中でした。

 

いがみの家の断熱材はセルロースファイバーというものを使っております。
風が抜ける設計もポイントの一つです。
まだまだ、梅雨時を涼しく過ごすポイントはいくつかあります。
その説明は、また別の機会に。

 

梅雨時に涼しい家は、工事中に見学に行くとよくわかります。
つまり断熱材の効果の違いが一番良くわかるのは、工事中なのです。
一般的に工事中の家の中は、暑いし寒いし。。。。。
現場にいる大工さんに聞くとよくわかります。
断熱材の違いがどれほどなのか。

 

居心地の良い家は、工事中も快適なのです。

-ちょっとコラム

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2021 AllRights Reserved.