ちょっとコラム

静かな現場にて

投稿日:

外は雨。

家の中は、静かな現場です。

ガリガリとコテが壁にこすれる音だけが響きます。

 

ただいまは、左官屋さんの一人舞台です。
話し声もなく、当然ラジオの音もなく、静かな現場です。
ゆっくりですが、着実に壁が漆喰で白く塗り込まれていきます。

 

左官屋さんが右手に持っているものが、”コテ”と言います。
コテは、手道具です。
コテの音は、他のノイズにのみこまれてしまうくらい、小さな音ですが
静かな現場では、その音は響きます。
なんと心地いいものでしょう!

 

現代の家づくりでは、電気工具が現場の音をつくっていますが、
左官屋さんのコテは、いまだに、コテです。
取手のついた、ひらっぺたい板だけです。

 

昔から変わりません。

 

コテという手道具は、手の延長です。
手の感覚でする仕事は、まさしく職人技です。
経験と、根気がいる仕事です。

 

静かな現場は、職人さんたちの心を映しているようで
私も心地よかったです。

 

外の世界は、いろいろと大変ですが、いがみのお家づくりの現場は
まわりから取り残された世界のように、静かです。
静かな現場は、
私の心を落ち着かせて、じっくりと自分の仕事と向き合えるいい環境です。

-ちょっとコラム
-,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2020 AllRights Reserved.