ちょっとコラム

とどけ。おもい

投稿日:

 

今日お客さんにほめられました。

 

伝わる人には、伝わるんだ。

 

今まではどうやったら伝わるのか、とばかり思っていた。
正直者がソンをする時代なのか、と思った時もあった。

 

時代はめぐります。
わかる人にはわかってもらえる時代になったのだろうか。
いやぼくが変わったんだ。

 

言葉で伝えようとするのではなくて
つくった家でぼくの思いを伝えようと思ったのです。
つまり
ぼくの家づくりへのメッセージを、家づくりを通して表現しようとするようになったのです。

 

 

どんな家を建ててきたのか。
どんな家を建てているのか。

 

それがすべてだと思うのです。

 

どんな立派なことを言ってもいい。
素晴らしい言葉もいい。

 

でも、つくっている家が、すべて語ってくれるだよね。

 

理屈で家を売るなんて、ダサいと思う。

 

ぼくは、ぼくの言葉で語りたいから
ぼくから言葉が湧いてくるまで、辛抱強く待とうと思いました。

 

ただ、待つのではなくて
思いっきり考えて、悩んで、迷って、そして現場で手を使って。

 

 

そして、みんなでつくったぼくの家が、語ってくれるまで。

 

それがきっと僕の言葉なんだろう。

 

届かない人には、響かない言葉だろうけど。

 

 

 

今日、お客さんに褒められた。
うれしかった。

 

伝わったことが、うれしかった。

 

小さな世界の話だけど、(わかってくれるのは)限られた人だけど。

 

 

小さな世界の、小さなおうち。
でも思いは深く、心ざしは天高く。
自由奔放に、遊び心があって自然の変化を共にできる。
そんなおうちを建てたいと思っています。

-ちょっとコラム
-

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2020 AllRights Reserved.