ちょっとコラム

小さな家が好きです

投稿日:

私はおうちをつくっています

私の目的は、小さな家を建てること

 

ごまかしなしで、いいますね。

 

小さな家がいいと思っています。
小さな家も建てます。ではなくて、小さな家しか建てません。

 

そんな偏った私です。
「小さく建てることは、手段であって目的ではありません」
よく言われそうな言葉ですが、
私の本心は違います。
小さく建てることを目的にしています。
目的にしているからこそ、小さい家を突き詰められるのだと信じています。

 

 

なぜ、小さな家を建てるのか?
なぜ、小さな家の方がいいのか?

 

理由はたくさんあります。
でも、ここで言うのは野暮なので、やめておきます。
つくり手側の理由と、住まい手のメリット、デメリット。
いいことばかりではない。我慢すべきこともたくさんあります。

 

だから小さな家は万人向けではありません。

 

小さなお家に惹かれる人たちは、少数派かもしれませんが、
家の本質を見て、感じて欲しいのです。
部屋数だとか、設備だとか、多くの情報に隠されてしまった、家の本質価値です。
あなたは家に何を求めるのか?と言うところの価値です。

 

それは、豪華な設備や、床の広さや収納量で、満たされるものでしょうか?
そんなもので満足ですか?
それ以上にあなた家族が満たされるものは、他にありませんか?
私は、その部分こそが家の本質価値だと思っているのです。

 

そんな話ができるのも、少数派の人たちです。

 

私は、そんな人たちに見つけて欲しくて、小さな家を建てています。
家の本質価値を共有できて、実際に小さな家を建てる。

 

小さく建てるからこそ、見えること、感じることがあります。
小さく建てたからこそ、感じる不都合もあるでしょう。

 

それを含めて、小さい家の方がいいと思っています。

 

小さい家は住まい手を選びます。
だから、万人受けしないと言いました。

 

メジャーでないから、魅力的なのかもしれませんね。
私の価値観を押し付けるつもりも、広めるつもりもないので
今後もマイナーなのでしょうが・・・・・。

 

家を建てること。
大きな買い物です。
メリット、デメリットを比べて、建築会社を決める。

 

メリット、デメリットの視点ともう一つ別の角度から家に光を当てて見て欲しいのです。
性能や大きさや設備仕様の比較だけでなく、もう一つの視点を。

 

家を小さくすることで、捨てないといけないことがあります。
捨てることは、勇気が必要です。
でも、捨てるから気づくことがあるのです。

 

「いろいろといらない。これで十分なんだと思う」
いがみのお客様の言葉です。
実際の言葉なので、重みがあります。説得力があります。

 

結局は、お客様のセンスに頼っている、いがみの小さなお家です。

 

 

-ちょっとコラム
-,

Copyright© いがみ建築工房 社長ブログ , 2020 AllRights Reserved.