お客様の自由と私たちの責任です。

家の中身はお客様の自由に。
家の外身は私たちが責任をもって考えます。
私たちの責任とは、
「他人の迷惑となるような建物は建てないこと」
「将来空き家になるような家はつくらないこと」
「30年後子供たちが敬遠するような家を建てないこと」
完成時のお客様の満足で私たちは満足しないこと。
その時はわかってもらえなくても
10年後、20年後に、いがみで建てて良かったと言わせること。
そのほうが難しい。
いがみはそこに挑戦しています。

日本の住宅の寿命30年、空き家800万戸。
家の寿命が短いのは、間取りの寿命が短いから。
長持ちする素材でつくられていないから。
私たちの責任とは、30年後子供たちに迷惑をかけるような家をつくらない事。
それは、今から30年前に遡れば失敗に気づくはず。
しかし、建築業界はいまだに同じことの繰り返すのみ。

長く使っていただくことを前提に、設計しています。
後々、交換がしづらいところは最初に少々値段が高くても
長持ちする素材を使用し、交換が前提な部分は、交換しやすいようにしています。
家の維持管理を簡単に、少しでも安くする為の工夫もまた
私たちの責任です。
それらが全て設計に織り込んでいます。