|社長いがみの日記

ちゃんとする

ちゃんとやろうとすると、このやり方がベストです。
安くやろうとすると、このやり方になります。
後者のやり方は、今流行りですが、ベストではないのですよ。

リフォームの現場での私と職人さんとの会話です。

この会話をしながら、私は、思います。
この職人さんは、良い職人さんだと。
信頼できるかどうかは、伝わります。
私には伝わりました。
自分都合で言っているのか、相手目線なのか。

ちゃんとした仕事をしようと思うことは、なかなか難しいのです。
なぜならば、簡単に家づくりが出来るようになってきたからです。
住まい手が、便利さを求めるように、つくり手も簡単さを求めるようになってしまったのです。
一度楽を覚えたら、なかなか昔には戻れない。
昔は手でやっていたでしょ〜。
そんな言葉は無力です。
それは、もはや通用しません。

安くつくる事に、毒されてしまいました。安ければお施主さんは喜ぶ。
安いから仕事が続く。
安いから選ばれる。

いつしか、“ちゃんとする”ことをお施主さんに聞くようになってしまった。
“ちゃんとする”には、グレードがAからCまでありまして
Aが、一番高価な“ちゃんとする”でして、Cが、。。。。。。。。
この中で、いかがされますか?

プロの職人は知っている。ベストは何か。
しかし、職人は言わない。
職人は自分の意見は押しつけない。
あなたが決めて、と言う。責任取れないからと逃げる。

私は、職人ではなく、プロの職人を目指す。
知っているし、はっきりと助言できる職人に。
自分が責任を取れないような仕事はしないと。

空は青く、山は緑。
散りばめられた、色たちを目で追ってみる。
今年の桜は長くて楽しい。
素敵なご褒美です。
春に誓う。

#いがみ建築工房
#小さなおうち
#しっくい
#岐阜県
#愛知県
#各務原市
#自然素材
#心地いい家
#新築
#工務店
#家づくり
#モデルハウス
#岐阜マイホーム
#施工事例
#各務原新築
#各務原新築戸建て
#各務原モデルハウス
#漆喰の家
#セルロースファイバー
#自由な間取り
#住み心地が良い
#耐震等級3
#国産素材
#職人技術
#空気が心地いい
#裸足でも気持ちいい
#見学会受付中

SHARE:

いがみ ひとし

いがみ ひとし

小さくていい家。
不細工な家は建てたくないです。

NEWS
最近の投稿
カテゴリー