|社長いがみの日記

手で錬られたおうち

私は、同じ家を5年かけて、50棟以上、つくりました。
同じ家をこれほどつくり込んだ工務店はあまり他にはないでしょう。
50棟つくりました。ではありません。
50棟つくりこみました。なのです。
この違いは大きいのです。

私は、小さなおうちをつくりこみました。
だから、小さなおうちにかけては、誰にも負けない自信があります。
そして実績があります。
その実績が、自信となり、みなさまに
自信を持ってご紹介できるゆえんです。

つくり込むには、時間がかかります。
お酒やワインを熟成させるように
家づくりにおいても、良い家をつくるためには、時間がかかります。
つくる時間も急いではいけませんが、熟成が必要なのです。
家づくりにおいての熟成とはどういうことでしょうか?
それは同じ家をつくり込むこと。だと私は思います。

毎回違う家を建てることは、つくり手にとっても楽しいことですが、
実はこの熟成ができません。
つくり手が、“家を練るという作業”が出来るからこそ、
つくり込まれていき、熟成されていくのです。

つまり、
家を極めることとは、同じ作業を繰り返すこと。
だと、私は実践から学びました。
同じ作業を繰り返すからこそ、つくり込まれていき、練られていくのです。
そこまで、時間と手間とそして、つくり込みができないと、
いい家には到達しないのだと。思いました。

来週末、見学会をいたします。
ぜひとも、つくりこまれた“いがみのおうち”をご覧ください。

#いがみ建築工房
#小さなおうち
#しっくい
#岐阜県
#愛知県
#各務原市
#自然素材
#心地いい家
#新築
#工務店
#家づくり
#モデルハウス
#岐阜マイホーム
#施工事例
#各務原新築
#各務原新築戸建て
#各務原モデルハウス
#漆喰の家
#セルロースファイバー
#自由な間取り
#住み心地が良い
#耐震等級3
#国産素材
#職人技術
#空気が心地いい
#裸足でも気持ちいい
#見学会受付中

SHARE:

いがみ ひとし

いがみ ひとし

小さくていい家。
不細工な家は建てたくないです。

NEWS
最近の投稿
カテゴリー